企業行動の分析④|クールノ-モデル、ベルトランモデル|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)


中小企業診断士1次試験の合格ノート7科目を販売中!

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


中小企業診断士合格ノートの紹介

最短合格日程|2018年証券アナリスト

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!

25問解説まとめ|中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 過去問解説(証券アナリストの財務分析にも対応可能な解説です)  


以下、本文です。

・ク-ルノーも出る:ライバル企業の生産量を所与として、各自の利潤が最大になるように生産量を決める。

・ベルトランモデル:ライバル企業の価格を所与として、各自の利潤が最大になるように価格を決める。生産量は完全競争と等しくなる。価格引下げの誘因が働く結果、参入企業数によらずp=mcとなる。

※とにかくmc=mrが成り立つようになっている。

・独占企業においても、企業はどんなp、yの組合わせでも販売できる訳じゃない。mc=mrじゃないとダメ。需要曲線の制約には服している。

「クールノ-モデル」

・pは完全競争より高くなる。(でも独占の方がもっと高い)

・yは完全競争より少ない。

・反応曲線

・Aにとって、Bが生産量を増やすとAは生産量を減らすのが最適

・クールノ-均衡では市場価格はmcより高い。

・クールノ-よりベルトランの方が①低い価格、②低い企業利潤、③高い生産量、④大きな消費者余剰、をもたらす。

関連記事:

企業行動の分析③|等生産量曲線、規模に関しての収穫、不完全競争|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)

企業行動の分析②|生産関数、費用関数、供給の価格弾力性|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)

企業行動の分析①|総費用関数、完全競争|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。