マクロ経済学⑥|GDP|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)


中小企業診断士1次試験の合格ノート7科目を販売中!

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


中小企業診断士合格ノートの紹介

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!

25問解説まとめ|中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 過去問解説(証券アナリストの財務分析にも対応可能な解説です)  


以下、本文です。

金融緩和→貨幣が債券に比べ多くなる→希少な債券の価格は上昇し→利子率低下→設備、住宅、在庫投資を刺激→財市場の需要拡大→ GDP↑

 

「GDP」

・国内概念であるGDP (国内総生産)に「海外からの所得の順受取」を加えると国民概念であるGNI(国民総所得)になる

・警察サービスなどはかかった費用が政府消費に計上。

・非営利団体の経済活動もGDPに計上される。

・実質GDPを求めるには、前年を基準に実質化を行いそれを毎年繰り返して接続する「連鎖方式」を用いる

・売れ残りであっても、今期に生産された財であれば今期の付加価値となる。

・生産額から原材料等の中間投入額を引いたものが付加価値であり、それが賃金や利子となって生産要素(労働力、資本)の提供者に分配される。

・ GDP −固定資産減耗=国内純生産(NDP)

・交易利得:交易条件(=輸出デフレータ/輸入デフレータ)の変化によって生じる一国経済における貿易の利益。

 



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。