中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 第2問 未収利息 過去問解説


中小企業診断士1次試験の合格ノート7科目を販売中!

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


中小企業診断士合格ノートの紹介

最短合格日程|2018年証券アナリスト

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!

25問解説まとめ|中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 過去問解説(証券アナリストの財務分析にも対応可能な解説です)  


以下、本文です。

第2問
20X2 年1月1日に 300,000 千円を期間6カ月、年利5%で取引先Z社に貸し付けた。

20X2 年6月 30 日に利息と元金を合わせて受け取る予定である。会計期間は 20X2 年3月 31 日までの 1年間である。

決算にあたり計上される未収利息の金額として、最も適切なものはどれか。
ア 3,750 千円
イ 7,500 千円
ウ 15,000 千円
エ 30,000 千円

解説

未収利息に関する問題です。

問題でお金を貸している会社を会社Aとします。

会社Aが会社Zに30,000千円を半年後に年利5%の利息付きで一括で返してくださいと約束しています。

利息を毎月受け取る返済方法もありますが、この場合は半年後に一括で返済してもらいます。

お金を貸したのが1月1日なので、仮に一年後の12/31が返済の日だとすると、

30,000千円✖️5%=150千円

の利息が付きます。

しかし、問題では半年後の6/30が返済日なので半分の

30,000千円✖️5%✖️1/2=75千円

が帰ってきます。

さらに、会社Aの決算期は返済日より前の3/31なので一旦ここで貸借対照表を締めなければいけません。

3/31時点では約束上なにも貰えないですが、3ヶ月分は利息をもらえる権利はあります。この権利分がB/Sに載ってくる未収利息で、この問題の答えです。

さて、1/1から3/31までは3ヶ月、半年のさらに1/2なので

75千円✖️1/2=3,750千円

が3/31時点で計上される未収利息になります。
解答

合っていました。

この問題はB/S関連の問題の中でもかなり基本的な問題なので必ず正解したいです。

気をつけるところは、未収利息が何ヶ月分になるかを数え間違えないことです。1/1から3/31は3ヶ月でわかりやすいですが、4/1から7/31までなら4ヶ月になるので気をつけてください。



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。