企業経営理論スピード問題集解き終え|合格ノート一通り完成


中小企業診断士1次試験の合格ノート7科目を販売中!

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


中小企業診断士合格ノートの紹介

最短合格日程|2018年証券アナリスト

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!

25問解説まとめ|中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 過去問解説(証券アナリストの財務分析にも対応可能な解説です)  


以下、本文です。

本日の投稿は学習記録と私が実践している勉強方法の紹介です。

 

2018/1/8本日、中小企業診断士「企業経営理論」のTACスピード問題集全120問を解き終えることが出来ました。

「合格ノート」(いわゆるサブノート)1ページ目が2017/12/13からスタートしているので、28日で解き終えたことになります。1か月かかっていません。(正味14日、一日平均2.5時間カフェに滞在したとして35時間、ノート1ページ書くのに正味30分ぐらいかかるので、実際に勉強していたのは21時間ぐらいでしょうか。残りの13時間はスマホをいじっている時間です。)

さらに、1次試験の7カ月前なのでペースとしては上出来だと思います。

昨年の1次試験は問題集解き終えたのなんて試験1カ月前ぐらいでしたから。(勉強開始が5月だったので仕方ないですが)

今どの状態かというと、一通り完成した「合格ノート」を見ながらであれば、スピード問題集120問全問正解できる状態です。

この状態を目指してノートを作ってきました。

見ながら解けたって意味ないと思う方もいらっしゃるかと思いますが。それで良いのです。

なぜなら、最終的にはこの「合格ノート」は全部暗記するからです。

スピード問題集の解説部分はA5サイズで149ページあるので全部暗記なんて無理でしょう。

しかし、このノートはA6サイズで42ページです。

これなら暗記は出来ます。

後は、これから過去問を解いていってこのノートに補足していけば、完成です。

その時には、ノートを見れば過去問で100点が取れるようになっており、最終的には暗記するという流れです。

実際は全部完璧に暗記することはできないので100点は取れませんが、60点で合格なので7割~8割暗記できていれば大丈夫です。

詳しい勉強方法は「必勝」3か月で4科目合格|中小企業診断士 独学 勉強方法に書いています。ぜひご確認ください。

宅建士も、証券アナリスト試験も、昨年の1次試験も上記のような勉強方法で独学合格しました。私に合っている勉強方法だと思っています。

↓実際に作成した「合格ノート」の1ページ目

企業経営理論合格ノート1

↓28日目(42ページ目)

今後の計画は、1月中に過去問を解き終え「合格ノート」を完成させる。

5月までに運営管理の合格ノートも完成させることを目標にします。

 

関連記事:

「必勝」3か月で4科目合格|中小企業診断士 独学 勉強方法

2018年度中小企業診断士テキスト発売日まとめ|追記

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。