企業行動の分析①|総費用関数、完全競争|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)


中小企業診断士1次試験の合格ノート7科目を販売中!

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


中小企業診断士合格ノートの紹介

最短合格日程|2018年証券アナリスト

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!

25問解説まとめ|中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 過去問解説(証券アナリストの財務分析にも対応可能な解説です)  


以下、本文です。

企業行動の分析

※mc=marginal cost:限界費用

※mr=marginal revenue:限界収入

※ac=average cost:平均費用

※y :生産量

・mc :yを1単位増やした時の費用の増加分(逓増する)

・ac :原点から費用関数上の点にひいた直線の傾き。接線になるとき、平均費用は最小。

・利潤=r-c

完全競争の場合、pは所与(一定)だからyを1単位追加したときの収入の増加分はpに等しい。つまり、mr=pで利潤最大。

不完全競争の場合、mr=mcのとき利潤最大。

・短期 :設備の水準変更ができない(=固定費用が存在する)

・長期 :全てが可変費用になる。

「完全競争」

・acがU字型である場合、企業の利潤は長期的にはゼロになると考えて良い。(それでも実際にはゼロにならないのは、技術格差があるから。)

・ac曲線がU字なら、長期において企業はacの最低点(mcとの交点=損益分岐点)に対応するyを生産する。

・完全競争ではmcが供給曲線と一致する。

・生産要素価格と限界価値生産力が等しいとき利潤最大。

・ある生産量の達成に要する最小費用を表す関数を費用関数と呼ぶ。

・①情報の完全性、②取引費用0、③多数の取引主体の存在、の条件が揃っていないと不完全競争市場。



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。