金融経済①|流動性リスク、CD、CP(コマーシャルペーパー)|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)


中小企業診断士合格ノート1次試験7科目販売中!(全7科目6割以上得点し科目合格した際に作成したサブノートです)

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


解答速報まとめ|中小企業診断士2021年(令和3年度)1次試験

中小企業診断士 試験概要 科目合格について

「経済」合格ノート無料公開 まとめ|証券アナリスト&中小企業診断士 共通

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?  


以下、本文です。

・株式取引は会社経営への参加権が保証される。

・銀行等の預金証書は間接証券、債券や株式や借用証書は本源的証券。

・銀行業は内閣総理大臣からの免許制。

・証券会社の主要業務①売買②引き受け③(証券の)募集

・証券業は登録済。1960年後半から1998年12月(金融ビッグバン)まで免許制。

・銀行は受け入れた預金の範囲を超えて貸し出し、有価証券投資といった信用供与ができる。

・金利リスク:資産と負債の金利改定時期が異なることにより発生。

・流動性リスク: 予期せぬ資産の流出により通常より著しく高い金利で資金調達を余儀なくされること。

・市場型取引では、不特定多数の取引者が競り合うため取引ごとの参加者相互の固定的な結びつきは無い。

・金融市場には経済主体の資金の運用、調達等をどのように行ったかを記録する機能がある。

・ CD: (Negotiable) Certificates of Deposit:発行金額、期間、金利、保有者に制限がない無記名の定期預金証書。日本のオープン市場の中では、T-Bill市場に次ぐ規模。(TB:割引短期国債)

・ CP:(コマーシャルペーパー)非金融法人がオープン市場で取引する(割引形式)短期無担保の約束手形のこと。



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。