マクロ経済学①|GDPの三面等価原理、GNI|「経済」合格ノート(診断士&証アナ共通)


中小企業診断士合格ノート1次試験7科目販売中!(全7科目6割以上得点し科目合格した際に作成したサブノートです)

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


解答速報まとめ|中小企業診断士2021年(令和3年度)1次試験

中小企業診断士 試験概要 科目合格について

「経済」合格ノート無料公開 まとめ|証券アナリスト&中小企業診断士 共通

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?  


以下、本文です。

マクロ経済学

名目値:貨幣額で表示されるデータ

実質値:名目から物価変化を抜いたもの

物価指数:理論的には同じ満足度を得るのに必要な最低金額の日。

GDP (国内総生産):その国の国土において1年間に新たに生み出された財・サービスの総量

GNI(国民総所得): GDP +海外で日本国民や日本企業の得た所得(要素所得の受取り) −日本での外人、海外企業の所得(要素所得支払)

・市場で取引された財、サービスのみを計上

・農家の自家消費や持ち家の想定家賃を計上

・中古品取引は計上しない。土地取引を計上しない。(仲介手数料は計上)

「GDPの3面等価原理」常に等しくなる。

生産≡消費+投資(在庫含む) +政府支出+輸出−輸入「支出」
≡雇用者所得+営業余剰(資本家取り分)「分配」
≡消費+貯蓄+税金「分配所得の使途」



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。