株式ポートフォリオ戦略②|マーケットモデル、ファーマフレンチの3ファクターモデル、マルチファクターモデル|「証券分析2次」合格ノート(証アナ)


中小企業診断士1次試験の合格ノート7科目を販売中!

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


中小企業診断士合格ノートの紹介

最短合格日程|2018年証券アナリスト

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!

25問解説まとめ|中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 過去問解説(証券アナリストの財務分析にも対応可能な解説です)  


以下、本文です。

※ρ:相関係数

※R(バー付き):平均リターン

※σ:標準偏差

※α、β:固有の定数項

※e:攪乱項(=誤差項、確率変数で期待値は0でないとダメ)

「マーケットモデル・ファーマフレンチの3ファクターモデル」

・t>|2|の係数は有意である。その係数について記述。

・αの値が大きいほど有能なファンドマネージャー

・シングルファクターで正のαが出てもマルチファクターでは真になるかも。マルチの市場ファクターが1.0に近ければ、他のファクター(t>|2|のもの)でひっぱったということで、他のファクターがシングルモデルでのαの源泉だったという事。

・シングルファクターモデル=CAPM

「マーケットモデル」

・各証券のRをRmによって説明するモデル。

・Ri=αi+βiRm+ei

・E[Ri]=αi+βiE[Rm]

・σi^2=βi^2+σei^2=トータルリスク=市場リスク+非市場リスク

・αiが0であるという帰無仮説が棄却されたら、Rm以外のファクターの存在が推認される。そのファクターは何か追求すべき。

※マーケットモデルでα1.2%、β1.12でも3ファクターで市場ファクターの会期係数が1.02なら実はTOPIXとほぼ同じパフォーマンスで、3ファクターでαが-0.12%なら、SMB、HMLが引っ張っていたことになりマネージャーの実力ではない。

「マルチファクターモデル」

・現代は全てのリターンはリスクで説明する。市場を唯一のリスクファクターとするCAPMではリスク要因の特定が不十分。「市場(MJK)」「サイズ(SMB)」[バリュー(HML)]の3つ(のシステマティックリスク)の説明変数を使うファーマ=フレンチ・3ファクターモデル。

・3ファクターモデルは、ファクターにスタイル・インデックスを採用したモデル。独立変数として大型成長株、大型割安株、小型株など市場インデックスをスタイルによって分類したファクターを採用しており、ポートフォリオのスタイル特性を分析するのに有効。ただし、これらのファクターは市場インデックスの一部であり、いわば内生要因を説明変数としている点で、マクロ経済ファクターモデルが外生要因を説明変数とするアプローチである点と異なる。

関連記事:

株式ポートフォリオ戦略①|トラッキングエラー、インフォメーションレシオ、マーケットポートフォリオ、t値|「証券分析2次」合格ノート(証アナ)



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。