仮想通貨始めて1週間収益公開&学んだこと①


中小企業診断士1次試験の合格ノート7科目を販売中!

メルカリヤフオクラクマで販売しています。

squaresco.biz.contact@gmail.comにご連絡いただければ直接販売も可能です。

最近の記事一覧

人気の記事:


中小企業診断士合格ノートの紹介

最短合格日程|2018年証券アナリスト

証券アナリストは中古のテキストで試験対策可能!?

中小企業診断士は中古のテキストで試験対策可能!

25問解説まとめ|中小企業診断士 財務・会計 平成29年度 H29 過去問解説(証券アナリストの財務分析にも対応可能な解説です)  


以下、本文です。

「収益公開」

2017/12/30にコインチェックでの本人確認が完了し、始めて1週間が経ったので収益状況を公開します。

日本円29万円をコンビニ入金して4通貨を購入しました。↓は1週間の収益表です。

2017/12/30 2018/1/6 変動額 変動率
ビットコイン(BTC) ¥70,000 ¥83,217 ¥13,217 +19%
ファクトム(FCT) ¥30,000 ¥42,044 ¥12,044 +40%
リップル(XRP) ¥120,000 ¥144,901 ¥24,901 +21%
ネム(XEM) ¥70,000 ¥115,685 ¥45,685 +65%
総資産 ¥290,000 ¥385,847 ¥95,847 +33%

見事に全通貨が値上がりしました。購入直後から大晦日まで値動きを確認していたのですが、-10%程度まで値下がりしていたので、失敗したなぁと思っていました。

その後見ないようにして1月4日に見てみたら最高で総資産42万円程になり、現在は38万5千円です。

要因としてはネムが一番大きいようです。ただ1月4日時点ではリップルもかなり貢献していました。

やはり1月4日の上げが大きかったので、1,000円の手数料を払ってでも年内にコンビニ入金し購入していて正解でした。

リップルレート

 

仮想通貨1週間

「学んだこと」

仮想通貨は1,000種類以上あり、コインチェック等で購入できるのはそのうちの一部であること。

②ビットコインは2,400万枚の発行上限があり、現在の発行数は1,700万枚弱であること。

発行するにはマイニングが必要であり、個人やマイニング業者のコンピュータによって毎日ビットコインが作られている(マイニングされている)ということ。

④コンピュータがあれば誰でもマイニングによってビットコインをはじめ、様々な通貨を日本円を介さずに入手できる。(高性能PCが必要で、電気代もかかり費用対効果はかなり薄い)

④仮想通貨の入手方法には3種類ある。1.取引所で取引する、2.販売所で購入する、3.マイニングする。

取引所は株式市場と同様のイメージ。手数料は安い。(コインチェックでは無料)なので、取引所で取引可能な通貨は取引所で入手するのが得策。

販売所は銀行で外貨を購入するイメージ。手数料は結構高い。

⑦コインチェックやビットフライヤーなどの業者は取引所と販売所の両方を用意しているが、販売所しか用意していない業者もある。

取引所で取引できる仮想通貨はかなり少ない。コインチェックの取引所ではビットコインのみ。これから増える可能性はある。

⑨株式市場と違って24時間取引可能。

こんな感じでこれからも仮想通貨を勉強していこうと思います。

関連記事:

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

仮想通貨始めました|コインチェック|XRP

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



記事中の画像は試験勉強の際に作成した自作ノートの関連する部分です。

中小企業診断士合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

証券アナリスト合格ノートのサンプルはメルカリヤフオク

無料でダウンロードできますので、是非ご確認ください。

分からない単語は、メニューの検索に入力することで過去記事から全文検索ができます。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「Squares&Co.」「スクエアズコー」「パンダ商店」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。